地域内主要道路の舗装改修などを要望

鹿の子台自治協議会が加入している北区連合自治協議会では、地域の重要課題を県・市の行政機関や公共事業者へ伝え、要望して回答を得る「北区連合自治協議会と区長(行政機関等)との懇談会」を毎年秋に開いています。鹿の子台自治協議会から、今年度は次の2件を要望しました。要望と回答の要旨は、次の通りです。

(1) 市道・宅原東線(北町1丁目交差点~北町4丁目交差点~南町2丁目交差点)の路面舗装改修と交通標識等の整備

《回答》北建設事務所➜宅原東線から神鉄道場駅前ロータリーの間で、舗装の剥離や砂利化している危険個所を補修します。

《回答》有馬警察署➜宅地開発での宅地が多くなく横断する車両も少ないので、現時点での(横断歩道等の)設置は困難です。

(2) 未完成の歩道照明灯の整備

《回答》北建設事務所➜令和3年度末の完成を目途に進めています。

▶地域内の主要道路の路面舗装改修は数年前から要望を続けており、昨年度までに市道・宅原中央線の北町6丁目交差点~北町4丁目交差点の間と、市道・掖谷線の鹿の子台小学校前交差点~小学校東交差点の間が改修されました。今年度の宅原東線の改修は、要望区間の約7割に、その接続道路と、神鉄道場駅前ロータリー~北町1丁目交差点を加えた、かなり大規模なものになります。

▶工事中は、通行される方や周辺にお住いの皆さまには、地域の生活環境の改善のため、ご理解とご協力をお願いします。

**************************************************************************************** 鹿の子台自治協議会 *****